建設業許可の相続認可|京都の行政書士

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ事務所案内料金アクセスお客様の声お問い合わせ
一人親方に強い建設業専門の行政書士|京都一人親方に強い建設業専門の行政書士|京都
トップ事務所案内料金アクセスお客様の声

相続

2020年10月、建設業に関する法律が改正され、『建設業許可の相続に関する認可制度』が設けられました。
改正以前は許可を受けている事業者様がお亡くなりになられた場合その許可を相続人に引き継ぐ事はできず、
一度廃業届を提出してから建設業許可を取得する必要がありました。
そのため、建設業許可の審査期間中は無許可状態となり500万円以上の工事を受けることができませんでした。

しかし今回の法改正で亡くなられてから30日以内に認可申請する事で、
建設業許可の承継が認められることになり無許可状態となる期間をなくす事が可能となりました。

当事務所はこういったお手続きも対応しておりますので早めのご相談をお願いします。
また、建設業に関する相続手続きのみならず、通常の相続手続きも承っておりますので一度ご相談下さい。

業務メニュー業務メニュー
建設業許可建設業許可
経審経審
入札入札
キャリアアップシステムキャリアアップシステム
産廃業許可産廃業許可
会社設立会社設立
補助金申請補助金申請
各種許認可各種許認可
相続相続
就労ビザ就労ビザ
特定技能ビザ特定技能ビザ
在留資格在留資格